中古車を取り扱いたい場合に注意する事項

中古自動車の販売や買取などの中古自動車を取り扱う事業を行いたい場合は、13種類ある古物商許可の品目の中から「自動車」の古物商許可を得る必要があります。

そして、「自動車」の古物商許可を得るためには、自動車を取り扱うという性質上、他の品目の古物商許可を得る場合に比べていくつか注意しておかなければならない点があります。

中古自動車の保管場所を確保しておく必要がある

中古自動車を買い取った場合には、買い取ってから売れるまでの間、その中古自動車を何処かに保管しておかなければなりません。

もし、中古自動車の買い取り業者が保管場所を確保していなかった場合には、買い取った中古自動車などが路上などに違法に駐車されてしまう恐れがあります。

したがって、「自動車」の古物商許可を取得するには、まず中古自動車を保管する駐車場を確保しておくことが大前提となります。

もし、確保できていない状態で古物商許可申請をしたとしても、「自動車」の古物商許可を得ることは難しいでしょう。

実際、「自動車」の古物商許可申請をした場合には、申請者が駐車場を確保していることを確認するために、駐車場の賃貸借契約書のコピーや自宅駐車場スペースの図面などの提出が求められます。

ただし、古物商許可申請時に保管場所を確保しているかどうかの確認については、各公安委員会によって確認方法に違いがあるようです。

たとえば、ある公安委員会では駐車場には最低でも4台分の空きスペースが必要だと言われたとしても、別の公安委員会では最低2台分のスペースがあればよいと言われる可能性もあります。

また、中には、古物商許可申請時には自動車の保管場所が確保されているかどうかの確認は行わずに、許可を与えた後に、抜き打ちで保管場所の確認をする公安委員会もあるようです。

自動車に関する知識・技術・経験が求められる

自動車は他の古物に比べて取引される金額が高額になるため、盗品等が出回った場合にはその他の古物に比べて被害金額が大きくなりがちです。

したがって、自動車を取り扱う古物商には、自動車が盗品かどうかを見極めるだけの自動車に関する知識・技術・経験が求められるとされています。

”自動車が盗品かどうかを見極めるだけの自動車に関する知識・技術・経験”とは、具体的には、自動車等を扱う古物営業の3年以上の実務経験や、講習などの受講で得られるものなどが該当します。

しかし、実際には、古物商許可申請時に申請者の知識・技術・経験が厳格に審査され、不適格と判断されて古物商許可が取得できないというケースは多くはないようです。

この点でも、古物商許可申請に対する審査基準は各地域によってばらつきがあるようで、自動車に関する知識・技術・経験が全くない場合でも「自動車」の古物商許可が得られる場合もあるようです。

ただし、中古自動車を取り扱う古物営業を行うには、自動車に関する知識・技術・経験は必要不可欠なので、古物商許可が取得できるできないに関わらず、必要な資格であることに間違いはありません。