行商とは

行商とは、店舗を構えずに、商品を持って一軒一軒を訪ねて小売りをすることです。

行商は、商品の注文を受けて配達する”宅配”とは違い、顧客の居そうな地域を商品を運びながら販売する方法です。

古物商の行商とは

古物商の行商とは、営業所以外で古物商を営むことをいいます。

たとえば、デパートの催事場や露店などで古物の売買等を行う場合のことを指します。

古物商の行商例

  • デパートなどの催事場に出店して取引を行う
  • 取引の相手方の住所に出向いて取引をする
  • 骨董市などで露店を出店して取引をする
  • 古物商が集まる古物市場に出入りして取引を行う など

古物商の行商を行う方法

古物商の行商を行いたい場合は、古物商許可申請書に行商を行う旨を記載して申請をします。

具体的には、古物商許可申請書の「行商をしようとする者であるかどうかの別」という欄の「する」に○を付けます。

古物の買い受けをする場合の注意点

ただし、古物商許可が「行商をする」となっている場合でも、古物の買い受けを行う場合には買い受け場所に制限があります(以下、条文参照)。

古物営業法 第十四条
古物商は、その営業所又は取引の相手方の住所若しくは居所以外の場所において、買い受け、若しくは交換するため、又は売却若しくは交換の委託を受けるため、古物商以外の者から古物を受け取つてはならない。

この条文では、古物商は、古物商以外の一般の人(法人も含む)から「古物を受け取ること」は、“自身の営業所”または“取引相手の住所か居所”以外では行ってはいけないと定められています。

「古物を受け取ること」とは、古物を買い取ることや古物の売買の委託を受けることなどのことを指します。

したがって、「行商をする」となっている場合でも、デパートの催事場や露店などでは、顧客から古物を買い取ることや古物の売買の委託を受けることなどはできません

ようするに、古物の買い受けをする場合には、「行商をする・しない」に関わらず、”自身の営業所”か”取引相手の住所又は居所”で行わなければならないということです。

また、取引相手の住所又は居所で古物の買い取りなどを行う場合には、「行商する」ことが記載された”古物商許可証”を携帯し、従業員が行商を行う場合は「行商従業者証」を携帯させなければならないとされています。