非対面での相手の身分確認方法

インターネット上で古物商の営業を行っている場合などには、取引相手と直接顔を合わせずに(非対面で)古物の買い取り等の取引を行うことになります。

このように非対面で古物の取引を行う場合には、対面で古物の取引を行う場合とは異なる方法によって相手の「身分確認」を行わなければなりません。

非対面での古物の取引は、取引相手と直接顔を合わせずに行われるということもあり、対面して古物を取引する場合に比べて犯罪による被害が生じやすいと考えられます。

非対面で古物の取引を行う場合は、以下のいずれかの方法によって相手の身分確認を行わなければなりません。

非対面取引での相手の身分確認の方法

  1. 相手から「電子署名」付の住所・氏名・職業・年齢が記載されたメールを受ける。
  2. 相手から住所・氏名・職業・年齢の記載と実印が押印された書面と印鑑登録証明書を郵送してもらう。
  3. 相手に本人限定受取郵便等を送付し、到達することを確かめる。
    (※実際の方法例)

    • 相手に本人限定受取郵便により、古物の買い取り受付票などを送付し、受付票と古物を返送してもらう。
    • 相手に本人限定受取郵便により、返信用はがきを送付し、返信してもらう。
    • 相手に本人限定受取郵便により、受付番号を記載した梱包用キットなどを送付し、そのキットに古物を梱包して返送してもらう。
  4. 相手に本人限定受取郵便により古物の代金を送付する契約を結ぶ。
  5. 相手から住民票(原本)等を送付してもらい、その住所宛に簡易書留等を送付(転送させずに。)し、到達することを確かめる。
  6. 相手から住民票(原本)等を送付してもらい、それに記載された本人名義の預貯金口座に古物の買取代金を入金する契約を結ぶ。
  7. 相手から本人確認書類(運転免許証)のコピー等を送付してもらい、その住所宛に簡易書留等を送付(転送させずに。)し到達することを確かめ、合わせてそれに記載された本人名義の預貯金口座に古物の買取代金を入金する契約を結ぶ。

※ 取引相手が法人の場合でも、法人の取引担当者の住所・氏名・職業・年齢の確認をしなければなりません。

同じ相手と何度も取引する場合

同じ取引相手と何度も取引を行う場合、2回目以降に取引をする場合は、以下の方法によって身分確認を行えばよいとされています。

同じ相手と2回目以降の取引時の身分確認方法

  • 相手に本人限定受取郵便等(本人以外に情報が漏れない方法。)により、IDとパスワードを記載した書面を送付し、相手にそのIDとパスワードでHPにログインさせてから申し込みを受ける。