古物商はどんな仕事?

古物商を行うには、警察(公安委員会)から古物商許可を得なければなりません。

では、古物商許可が必要な古物商とは、具体的にどのような仕事のことを指すのでしょうか?

古物営業法では、古物商とは「古物を、業として、売買または交換する業者や個人のこと」と定義されています。

しかし、この定義は抽象的なため、古物商がどのような仕事なのかを具体的に思い浮かべるには少し説明不足です。

そこで、この記事では、「古物商許可が必要な仕事」と「古物商許可が必要な場合がある仕事」を具体的にご紹介したいと思います。

古物商の仕事の具体例

古物商許可が必要な仕事

以下の仕事を行うには、古物商許可が必要になります。

古物商許可が必要な仕事

  • 古着屋
  • 古本屋
  • アンティーク雑貨店
  • 中古着物販売店
  • 中古時計販売店
  • 中古宝石販売店
  • 中古ゲーム販売店
  • 中古CD・DVD販売店
  • 中古パソコン販売店
  • 中古自動車販売店
  • 中古バイク販売店
  • 中古自転車販売店
  • 中古自動車部品販売店
  • 中古楽器販売店
  • リサイクルショップ
  • 金券ショップ
  • 中古レンタルビデオ店
  • 中古レンタルCD・DVD店
  • 中古レンタル着物店 など

古物商許可が必要な場合がある仕事

以下の仕事を行う場合には、古物商許可が必要な場合があります。

古物商許可が必要な場合がある仕事

  • ネットショップ
  • せどり・転売ビジネス
  • Amazon輸出ビジネス
  • ebay輸出ビジネス
  • ネットオークションへの出品
  • フリーマーケットへの出品 など

古物商許可が必要となるのは、上記の仕事を行い、かつ以下に該当する場合です。

  • 日本国内で中古品を仕入れて販売する場合
  • 継続的に利益を出す目的を持って仕事を行う場合