古物とは

「古物」とは、一度使用された物品、新品でも使用する目的で取引が行われた物品又はこれらに手入れ(メンテナンス)をした物品のことをいいます。

(古物営業法 第2条)
「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

上記条文内、”使用されない物品で使用のために取引されたもの”とは、例えば、自分が使う目的で、新品のヘッドホンを家電量販店で購入したが、結果的に一度も開封せずに使用しなかった場合でも、そのヘッドホンは「古物」として扱われます。

対して、使用する目的以外で取引が行われた新品は「古物」として扱われません。例えば、転売目的で新品のヘッドホンを直接メーカーから仕入れた場合は、そのヘッドホンを一度も使用しない限りは「古物」として扱われません。

以上のことから、一度も使用されていない物品を取引する場合、その物品をどういった目的で購入したかによって「古物」として扱われるかどうかが決まることになります。

そして、「古物」として扱われる物品の売買や交換を行う場合には”古物商許可”が必要になります。

古物の分類

古物は、古物営業法施行規則第2条によって、以下のように分類されています。

  1. 美術品類
  2. 絵画、書画、彫刻、工芸品など

  3. 衣類
  4. 着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、布団、帽子など

  5. 時計・宝飾品類
  6. 時計、メガネ、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、オルゴールなど

  7. 自動車
  8. 自動車、自動車の部品(タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラーなど)

  9. 自動二輪車・原動機付自転車
  10. 自動二輪バイク、原付バイク、バイクの部品(タイヤ、サイドミラーなど)

  11. 自転車類
  12. 自転車、自転車の部品(空気入れ、かご、カバーなど)

  13. 写真機類
  14. カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器など

  15. 事務機器類
  16. レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、計算機など

  17. 機械工具類
  18. 工作機械、土木機械、医療機器類、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機など

  19. 道具類
  20. 家具、楽器、運動用具、CD、DVD、ゲームソフト、玩具類、トレーディングカード、日用雑貨など

  21. 皮革・ゴム製品類
  22. 鞄、バッグ、靴、毛皮類、ビニール・レザー製の化学製品など

  23. 書籍
  24. 書籍全般

  25. 金券類
  26. 商品券、ビール券、乗車券、航空券、入場券、回数券、郵便切手、収入印紙、テレホンカード、株主優待券など