古物商許可を取ることで得られるメリット

リサイクルショップや中古車販売店などの古物商を営むには古物商許可を得る必要がありますが、古物商許可の資格を取ることで得られる具体的なメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

もちろん、一番のメリット(?)は、無許可営業として非常に重い罰則(「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」)に処せられる可能性が無くなるということです。

では、それ以外に、古物商許可の資格を取ることで得られるメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

以下、古物商許可を取ることで得られるであろう代表的なメリットをご紹介します。

これから古物商許可を取得してビジネスを開始する方や古物商許可を取ろうか迷っておられる方などのご参考になれば幸いです。

古物市場に参加できる

古物商許可の資格を得れば、「古物市場」という市場に参加することが出来ます。

この古物市場とは、古物商(古物商許可を得ている業者)同士が古物の売買等を行うことができる市場のことです。

古物市場では、市場ごとに取り扱っている古物の種類は違いますが、家電・家具・自動車・美術品・宝飾品類などの様々な古物の取引が古物商間で行われています。

古物市場で取引をする一番のメリットは、古物市場では通常の市場よりも格安で古物を仕入れることができる可能性があるということです。

物販を行う場合は、如何にして商品を安く仕入れられるかが大変重要になってきます。なぜなら、商品を安く仕入れることができれば、その分が利益として手元に残ることになるからです。

つまり、古物商許可を得て、古物市場で格安で古物を仕入れることができるようになれば、自分のビジネスにおいて利益アップを図れるということになります。

信用がアップする

インターネット上で古物の取引を行う場合には、対面での取引が難しいという都合上、取引相手は少なからず騙されるというリスクについて考えることになります。

では、こういった場合に、もし「古物商許可を得ている業者」と「古物商許可を得ていない業者」の2つの業者が古物の売買を行っていたとすれば、取引相手はどちらの業者と取引をするでしょうか?

相当変わっている人かリスクを取って楽しみたい人でなければ、間違いなく「古物商許可を得ている業者」と取引をするでしょう。

たとえば、ネットオークション上で、古物商許可を得ている業者と不要品を売っている個人が全く同じ商品を同じ条件で販売をしていた場合、どちらの商品が売れるかは想像に難くないでしょう。

このように、古物商許可の資格を得ているだけで、許可を得ていない業者や個人に対して信用面で差をつけることができるのです。

古物を取り扱うことでライバル達に差を付けられる

引き続き、インターネット上でのビジネスの話になりますが、「Amazon輸出」「ebay輸出」など、日本国内と海外での価格差による差益で利益を上げるビジネスは、誰でも簡単に参入できるので競争過多に陥りがちです。

このように参入障壁が低く競争が激しいインターネットビジネスで利益を上げるためには、他のライバル達と如何にして差をつけるかが重要になってきます。

ここで、もし古物商許可を得ていれば、国内で仕入れた古物を海外で販売するという形で差をつけることができます。

どういうことかと言えば、古物商許可を得ていない業者や個人は国内で古物を仕入れることができないので、海外で古物を販売することができません。

対して、古物商許可を取得すれば、国内で古物を仕入れて、その古物を海外で売ることができるようになるのです。

つまり、古物を取り扱えるというだけで、新品しか取り扱うことができないライバル達に差をつけることができるということになります。

税金を抑えることができる

古物商許可を得て、古物営業を開業する届けを税務署に出すことで、仕入れを費用として計上することができるようになり、結果的に利益を手元に多く残すことができます。

たとえば、古物商許可を得ていない個人がネットオークションで不要品を売って計50万円の売り上げがあった場合、その売上50万円全てに対して課税がされます。

対して、古物商許可を得ている業者がネットオークションで計20万円で仕入れた古物を計50万円で売った場合、その売上50万円から仕入れ費用20万円を引いた30万円に課税されることになります。

副業として古物商ビジネスを行っている場合でも、その所得が年間20万円以上を超えている場合は税務申告をする必要があります。

したがって、副業であっても年間所得が20万円を超える場合は、仕入を費用として計上することができるという点で古物商許可を得た方が良いことになります。

最終的に諸費用以上の利益を得ることができる

以上のように、古物商許可の資格を取ることで得られるメリットに共通することは、最終的に利益を上げることに繋がるということです。

古物商許可を取得するには、証紙代や必要書類の取得費用などの諸費用が必要になりますが、最終的には諸費用以上の利益を得られる可能性が高くなります。

(◇参考記事⇒古物商を取るのに必要な費用

したがって、これから本格的に古物商を営むことをお考えの方は、一日でも早く古物商許可を取得することをお勧めします。

というのも、いざ古物商許可を得ようと思っても、古物商許可申請をしてから古物商許可を得られるまでには約40日という長い期間がかかるからです。

一日でも早く古物商ビジネスを軌道に乗せるためにも、早めに古物商許可を取得することをお勧めします。