変更の届け出や書き換え申請が必要

古物商が氏名・名称・住所変更などをする場合には、変更した事項によって古物商の変更の届け出や古物商許可証の書き換え申請が必要になります。

古物商許可証の書き換えが必要な場合

古物商許可を受けた個人や法人が以下の事項を変更した場合には、古物商許可証の書き換え申請が必要になります。

なぜなら、以下の事項は、現在の古物商許可証に記載されている事項のため、変更した場合にそのまま放置しておくと、実際の情報と古物商許可証に記載されている情報とに食い違いが生じることになるからです。

古物商許可証の書き換えが必要な変更事項

  • 許可を受けた個人の氏名変更
  • 許可を受けた法人の名称変更
  • 許可を受けた個人の住所変更
  • 許可を受けた法人の所在地変更
  • 法人の代表者の変更
  • 法人の代表者の住所変更

◇ 書き換え申請の方法などはこちら⇒古物商許可証の書き換え申請

古物商の変更の届け出が必要な場合

古物商許可を受けた個人や法人が以下の事項を変更した場合には、古物商の変更の届け出が必要になります。

以下の事項は、現在の古物商許可証に記載されている事項ではないため、古物商許可証の書き換えをする必要はありません。

古物商の変更の届け出が必要な変更事項

  • 法人の役員の住所変更
  • 営業所の管理者の住所変更
  • 営業所の名称変更
  • 営業所の移転

◇ 変更の届け出の方法などはこちら⇒古物商の変更の届け出

氏名・名称・住所変更をする場合の必要書類

古物商の氏名・名称・住所変更をする場合には、変更する事項によって、「書換申請書」または「変更届出書」と以下の添付書類が必要になります。

書き換えが必要な事項の添付書類

変更事項 必要書類
許可を受けた個人の氏名変更 住民票(※1)
許可を受けた法人の名称変更 法人履歴事項全部証明書
許可を受けた個人の住所変更 住民票(※1)
許可を受けた法人の所在地変更 法人履歴事項全部証明書
法人の代表者の住所変更 法人履歴事項全部証明書または住民票(※1)
法人の代表者の変更(※2) 法人履歴事項全部証明書

※1 住民票は「本籍地」が記載されたもので「個人番号」の記載のないもの。

※2 役員以外が代表者になる場合は、”住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書、略歴書、誓約書”が別途必要。

変更の届け出が必要な事項の添付書類

変更事項 必要書類
法人の役員の住所変更 住民票(※1)
営業所の管理者の住所変更 住民票(※1)
営業所の名称変更 なし
営業所の移転 新しい営業所の賃貸借契約書のコピー

※1 住民票は「本籍地」が記載されたもので「個人番号」の記載のないもの。