品触れとは

古物営業法第19条には、「品触れ」についての規定があります。

品触れ(シナブレ)とは、”警察が必要と認めるときに、紛失品や盗品などの特徴を古物商に触れ示す”ことです。

警察は、重要な窃盗事件などが起こった場合に、この品触れを書面によって通知することで、古物の流通先である古物商に盗品などを迅速に発見してもらえるようにしています。

この品触れについて書かれた書面は、警察が盗まれた物を迅速に発見するために古物商に対して通知する”古物の手配書”とも言い換えることができます。

品触れに関する義務

品触れの保存義務

古物商または古物市場主が品触れを書面で受けとったときは、品触れについて書かれた書面に受け取った日付を記載し、受け取った日から6ヵ月間その書面を保管しなければなりません。

また、警察は、事前に古物商または古物市場主の承諾を得た場合は、書面の代わりに電磁的方法による記録によって品触れの通知をすることができます。

この場合にも、古物商または古物市場主は、品触れについての電磁的方法による記録が到達した日から6ヵ月間その記録を保存しておかなければなりません。

品触れについての届け出義務

古物商は、品触れを受けた日にその古物を所持していた場合や、品触れを受けた日から6ヵ月以内にその古物を受け取った場合は、そのことを直ちに警察署に届け出なければなりません

また、古物市場主は、品触れを受けた日から6ヵ月以内にその古物が古物市場に出回ったことを確認した場合は、そのことを直ちに警察署に届け出なければなりません

品触れに関する義務違反の罰則

保存義務違反の罰則

古物商または古物市場主が、品触れの保存義務に違反した場合には「6ヵ月以内の懲役又は50万円以下の罰金」に処せられます。

届け出義務違反の罰則

古物商または古物市場主が、品触れについての届け出義務に違反した場合には「6ヵ月以内の懲役又は50万円以下の罰金」に処せられます。

古物営業法第19条

古物営業法第十九条

警視総監若しくは道府県警察本部長又は警察署長(以下「警察本部長等」という。)は、必要があると認めるときは、古物商又は古物市場主に対して、盗品その他財産に対する罪に当たる行為によつて領得された物(以下「盗品等」という。)の品触れを書面により発することができる。

2  古物商又は古物市場主は、前項の規定により発せられた品触れを受けたときは、当該品触れに係る書面に到達の日付を記載し、その日から六月間これを保存しなければならない。

3  警察本部長等は、第一項の品触れを、書面により発することに代えて、あらかじめ古物商又は古物市場主の承諾を得て、電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法であつて国家公安委員会規則で定めるものにより発することができる。

4  古物商又は古物市場主は、前項の規定により発せられた品触れを受けたときは、当該品触れに係る電磁的方法による記録を到達の日から六月間保存しなければならない。

5  古物商は、品触れを受けた日にその古物を所持していたとき、又は第二項若しくは前項の期間内に品触れに相当する古物を受け取つたときは、その旨を直ちに警察官に届け出なければならない。

6  古物市場主は、第二項又は第四項に規定する期間内に、品触れに相当する古物が取引のため古物市場に出たときは、その旨を直ちに警察官に届け出なければならない。

7  第一項の品触れについては、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律 (平成十四年法律第百五十一号)第四条 の規定は、適用しない。