ノートとコーヒーとスマホ
「古物商許可の申請をしたいけど、使用承諾書っていったい何なんだろう?自分も使用承諾書が必要なのかな?必要なら何を書けばいいんだろう?」

この記事では、元行政書士がそんな疑問にお答えします。

古物商許可申請時に必要になる可能性がある使用承諾書について分かりやすく解説していきます。

それでは、準備ができれば以下の目次から読み進めていってください。

使用承諾書とは

あなたがこれから賃貸物件を借りて古物商の営業をしようと考えている場合は、古物商許可申請をするときに警察に”使用承諾書”という書類を提出する必要があります。

使用承諾書とは、古物商の営業所として使用する予定の物件が賃貸物件などの場合に、その所有者などから該当物件で古物商の営業をすることを承諾してもらったことを警察に対して証明するための書面です。

古物商許可の申請時に使用承諾書を一緒に提出することで、「私はキチンとこの賃貸物件の所有者から古物商営業をしてもOKと言われていますよ」ということを警察に対して証明します。

なぜ使用承諾書がいるの?

使用承諾書を提出する理由は、もし賃貸物件の所有者などが該当物件を営業用として使うことを禁止していた場合に、その事情を知らない警察が誤って該当物件での古物商の営業許可を与えてしまうことを防ぐためです。

警察は、古物商許可の申請者に使用承諾書の提出を義務付けることで、古物商の許可申請がされた場所が営業用として使用することが禁止されていない物件かどうかを予め確認することができます。

ようするに、警察は誤って営業用として禁止されている賃貸物件に対して古物商の営業許可を出したくないので、予め申請者に賃貸物件の所有者などから使用許可を得ている事実の証明をさせているのです。

使用承諾書が必要なケース

古物商の営業をする予定の物件が以下に該当する場合には、古物商許可申請時に警察に対して使用承諾書の提出をする必要があります。

使用目的が居住専用や営業禁止の場合

あなたが古物商の営業をする予定の物件の使用目的が「居住専用」や「営業禁止」となっている場合は、警察に対して使用承諾書を提出する必要があります。

該当物件の所有者や管理者会社・組合などの、該当物件に対して権限のある人から「該当物件を古物所の営業所として使用することを承諾する」という内容の使用承諾書を書いてもらい提出しましょう。

賃貸借契約者名が許可申請者と異なる場合

また、物件の賃貸借契約者名が古物商許可申請をする人と違う名義になっている場合にも、警察に対して使用承諾書を提出する必要があります。

たとえば、古物商許可申請を行うのが「株式会社○○」という法人の場合で、物件の賃貸借契約者名が「株式会社○○」の親会社の「株式会社△△」だった場合などには、使用承諾書を提出しなければなりません。

このような場合にも、該当物件の所有者などの権限がある人から「許可申請者がこの物件を古物所の営業所として使用することを承諾する」という内容の使用承諾書を書いてもらい提出しましょう。

スポンサードリンク

賃貸借契約をする前に確認しておこう

電話で確認をする男性
もし、あなたが賃貸物件で古物商の営業をするつもりで賃貸借契約を結んだとしても、その物件が営業使用禁止の物件だった場合は、その物件での古物商の営業許可を取ることはできません。

そういった不測の事態を防ぐために、賃貸物件の賃貸借契約を結ぶ前に、必ず物件の所有者などに該当物件を古物商の営業所として使用すること、また使用承諾書の作成をお願いする可能性があることを伝え、そのことについて事前に承諾を得ておきましょう。

使用承諾書の見本

最後に使用承諾書の見本を掲載しておきます。作成するうえでの参考にしてください。

使用承諾書見本

分からないことは管轄の警察に聞こう

ここまで使用承諾書について説明してきました。

もしこの記事を読んでも分からないことがある場合は、自分の住所を管轄している警察署の古物商申請係に聞いてみましょう。

なんだかんだ言っても、古物商許可申請で分からないことは、申請先である管轄の警察に聞くことが一番正確な情報を得られるので安心です。

自分の住所を管轄している警察署はインターネット上で簡単に調べられますし、警察署に電話することに対して特別に緊張する必要もありません。

「古物商許可申請がしたいんですけど、使用承諾書という書面のことで分からないことがあるのですが。」と伝えればしっかりと対応してもらえます。

それでは、この記事はこれで終わりです。最後まで読んでいただきありがとうございました。