古物商の取扱い品目

古物商は、取り扱う古物(品目)によって、以下の13種類の中から必要な種類の古物商許可を取得しなければなりません。

たとえば、メガネや宝石を扱う場合は「時計・宝飾品類」、カメラを扱う場合は「写真機類」の古物商許可を取得する必要があります。

古物の種類(取扱い品目)

  1. 美術品類
  2. 絵画、書画、彫刻、工芸品など

  3. 衣類
  4. 着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、布団、帽子など

  5. 時計・宝飾品類
  6. 時計、メガネ、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、オルゴールなど

  7. 自動車
  8. 自動車、自動車の部品(タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラーなど)

  9. 自動二輪車・原動機付自転車
  10. 自動二輪バイク、原付バイク、バイクの部品(タイヤ、サイドミラーなど)

  11. 自転車類
  12. 自転車、自転車の部品(空気入れ、かご、カバーなど)

  13. 写真機類
  14. カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器など

  15. 事務機器類
  16. レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、計算機など

  17. 機械工具類
  18. 工作機械、土木機械、医療機器類、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機など

  19. 道具類
  20. 家具、楽器、運動用具、CD、DVD、ゲームソフト、玩具類、トレーディングカード、日用雑貨など

  21. 皮革・ゴム製品類
  22. 鞄、バッグ、靴、毛皮類、ビニール・レザー製の化学製品など

  23. 書籍
  24. 書籍全般

  25. 金券類
  26. 商品券、ビール券、乗車券、航空券、入場券、回数券、郵便切手、収入印紙、テレホンカード、株主優待券など

必要な許可の選び方

古物商を行う場合に必要な許可は、上記の表から、自分が取り扱う予定の古物がどの種類の許可に該当するかを調べて選びます。

複数の古物を取り扱いたい場合は、その古物に該当する全ての許可を取得する必要があります

たとえば、自動車と自動二輪車を扱う古物営業を行いたい場合は、「自動車」と「自動二輪車・原動機付自転車」の許可を取得しなければなりません。

この場合に、「自動車」しか許可を得ていなければ自動二輪車を取り扱うことはできません。

もし、上記の表を見ても、自分が扱う古物がどの許可に該当するのか分からない場合は、自分で判断せずに必ず申請先の警察署に確認を取るようにしましょう。

許可は何種類まで取れるのか?

古物商許可申請時には、取り扱う品目によって必要な許可の種類を選ばなければなりませんが、許可は何種類まで取ることができるのでしょうか?

答えは「いくつでも取れる」です。

極端に言ってしまえば、全ての許可の種類を取り扱うことを申請することもできます。

複数の許可を申請する場合の注意点

ただし、複数の許可を申請する場合にはいくつか注意すべき点があります。

許可取得が難しくなる

もし、自分が取り扱う予定ではない品目の許可を申請した場合、古物商許可が下りたとしても、実際にその古物を適正に取り扱えるかどうかはとても怪しくなります。

警察もそのことは十分に予想できるでしょうから、あまりにも多くの種類の許可申請があった場合は、申請者が取り扱う古物の知識や経験を持っているかを入念に確認される可能性があります(申請先の警察署によって、扱いが異なる場合があります。)。

つまり、警察が許可するかどうかの判断をするときに、確認や調査が厳しくなり、許可を取得することが難しくなる可能性があるということです。

許可取得後に面倒が増える

警察は古物の盗難などがあった場合には、その種類の古物を取り扱う古物商に対して捜査に協力するよう要請します。

たとえば、自動車の盗難があった場合は、警察は「自動車」の許可を取得している古物商に対して捜査への協力要請をします。

つまり、たくさんの種類の古物商許可を取得していた場合は、その分だけ警察からの捜査への協力要請が増えることになり、非常に手間がかかってしまうことになります。

必要な許可のみを取得する

以上のように、必要がないのにたくさんの種類の許可を申請することは、メリットよりもデメリットの方が多くお勧めできません。

もちろん、多品目の古物を扱う必要があり、多品目の古物を取り扱うだけの知識や経験をお持ちの場合なら全く問題はありませんが。

もし、古物商の許可取得後に取り扱う古物の品目が増えた場合には、「変更届」を提出することで許可の種類を追加することができます。

したがって、古物商許可は、申請時に確実に取り扱うことが決まっている古物の品目の許可のみを申請し、必要があれば許可取得後に「変更届」を提出して許可の種類を増やす方が良いでしょう。